ハリチナシバチの一種
学名:
BD051108274
地面から直立する黒い円筒形の巣を作っていたハリナシバチ。熱帯では、ハリナシバチの数が非常に多く、日本でいうミツバチのように、花粉媒介の重要な担い手となっている。撮影する間中、ひっきりなしに出入りを繰り返していた。


   INDEX      



© 2010 Yohei Kambayashi